郵便局の喪中はがき印刷

今年も郵便局で、年賀状を出そうと思います

子供の頃、毎年楽しみにしていたのが、元旦に届く年賀状でした。

 

 

父宛てのものが、枚数的には一番多かったものの、束になって届くなかに友達からのものが入っていると、飛び上がるほどに嬉しかったものです。

 

 

月日が経ち、社会人になった今、年末が近づくと郵便局へ行き、年賀状を購入するのが“風物詩”のようになっています。

 

 

若年層の間では、メールを送付する事によって新年の挨拶に代えている方が増えているようですが、「心」が篭っているものを送りたいものです。

 

 

今はパソコンで、簡単に作成出来る時代ではあります。

 

 

ですが、単にプリントアウトされたものが送られてくるよりも、例えばそこに一筆加えられているだけで、受ける印象というものは随分変わってくるのではないでしょうか。

 

 

様々な思い出や近況が記されていると、つい記憶の糸を辿ってみたり、家族写真等があると、「大きくなったな〜」と目を細めてしまうものです。

 

 

文字の向こう側にあるもの、それが思い出であり、記憶、そして文字の向こう側に感じるものが「心」ではないでしょうか。

 

 

私自身、仕事の合間に一枚一枚、住所等を手書きにするよう心掛けています。

 

 

今年の年末も、郵便局で年賀状を沢山買って、大切な人に送ろうと思っています。